水やり頻度

Pocket

水やり胡蝶蘭は花ですから、水がないと枯れてしまいます。しかし枯らしたくないからと水をあげ過ぎると根腐れの原因となり、寿命を縮める可能性があります。胡蝶蘭の水やりは春は10日に1回、夏は1週間に1回、秋~冬は3週間に1回の目安で大丈夫です。この時、必ず表面や水苔が乾燥しているのを確認してから水やりをします。湿っている場合は水やりは不要です。

長持ちさせるためには置き場所も重要です。胡蝶蘭は室内に置く事が殆どでしょう。同じ室内でも場所によって日の当たり方や室温は違いますから、季節に合わせて置き場所を調整する事で更に長持ちさせる事が可能です。

長持ちさせるために日光は必要ですが、直射日光は苦手です。レースのカーテンをかけた窓辺に置いて、光を当てつつ直射日光は避けるのが良い置き方です。但し夏の窓辺は日差しが強すぎてしまう可能性があります。気温も高くなりがちですから、春や秋よりは窓から距離を置き、エアコンの風が直接当たらないようにします。冬の窓辺は気温が下がりやすいため、なるべく暖かい場所に置く方が適しています。エアコンの風が直接当たらず、10度以下にならない場所に置きます。特に夜は部屋の中央に置くなど、冷え過ぎないように注意が必要です。